離乳食・食事

SNSや海外で人気の「BLW」ってどんな離乳食方法?

離乳食 手づかみ

こんばんは、HANABIです。

日本と海外では子育てにも違いがいろいろとありますよね!
離乳食の進め方も様々です。

HANABI
ベビーフードが主流の国もあるらしいですよ
HANABI
そもそも離乳食の概念がない国もあるみたいです!

ちょっと日本では考えられないような離乳食法をとっている国もあるようですが、それでも子供は元気に大きくなっていることを考えると、なにが正解かはわからないですよね。

そして最近SNSや海外でとても人気のBLWという離乳食方法があるんですが、もう知っていますか!?
このBLWという離乳食法は、海外では既にメジャーな方法になりつつあるようなんです。

SNS・海外で人気!離乳食法BLWってどんな方法?

今海外では「Baby Led Weaning」=「BLW」という離乳食の方法が人気みたいです。
ベビーレッドウィーニングとは、「Baby Led = 赤ちゃんが自ら行う」「Weaning = 離乳」という意味で、赤ちゃんの自発性を促す離乳食の進め方。

HANABI
ふむふむ。なんだか面白そう!

イギリスから広まり、ヨーロッパやアメリカ・アジア圏でも最近はこの方法を取り入れているママさんが増えているそうですよ。

日本でも既に実践しているアンテナの高いママさんもいるようです!!

BLWと日本の離乳食法の違いは何?

BLWと日本の離乳食、どちらも離乳食開始時期にはほとんど差はありません。

日本で一般的に勧められている離乳食法との大きな違いは、食材をピューレ状にするのではなく食材そのままの形を残すということです。

日本では離乳食のスタートは十倍粥からですよね。
十倍粥ひとさじをスプーンで食べさせてあげます。

一方BLWは、始めから食材そのままの形で赤ちゃんに提供し、それを赤ちゃんが自ら手に取って口に運びます。
決して日本のようにスプーンで食べさせてあげることはしません。

HANABI
日本で離乳食中期・後期に実施する「つかみ食べ」と似た感じがありますよね。

BLWの進め方

食材そのままの形というと、ちょっと驚きますよね。
まだ生後半年ほどの赤ちゃんなので、そのままの形であればなんでもいいという訳ではありません!

海外では、フルーツから始める方が多いみたいです。

BLW開始初期は、フルーツや柔らかく茹でた人参などの野菜を少量あげていきます。
基本食材は手で掴みやすいよう細長くカットし、手で掴める程度の、なおかつ歯茎で潰せる程度の柔らかさまで茹でたり煮たりします。

 

慣れてきたら、一回に出す食材は多品種少量がベストだそうです。

「最初から自分でなんて食べられるの!?」
と思いますよね??

息子
にぎにぎ、ぐちゃ!!

初めは食材で遊んでしまってもいいそうですよ!(笑)

親は子供の誤嚥(ごえん)にだけは注意して、赤ちゃんがどんなに食材をおもちゃにしていても、穏やかな気持ちで見守るんです。
(これはかなりの忍耐が必要ですが・・)

赤ちゃんは最初は口に入れられる量がわからず、めいっぱいにつめこんでむせてしまうこともあります。

でもこのBLWを進めて行くうちに、ちゃんと自分に合った量がわかるようになるんです!

早い段階から手で掴んで食べることによって、食材の硬さもちゃんとわかるようになるそうです。

HANABI
実際にBLWを生後半年から実践していた赤ちゃんを知っているんですが、生後10ヶ月くらいにはそれなりの硬さのある食べ物をちゃんと手で持って噛みちぎって食べていました!

その頃うちの子も掴み食べをさせていましたが、「オエッ!」となるまで口につめこんでいたので、その差に驚いたのを覚えています。

また、BLWは食べ過ぎも防止してくれるそうです。
スプーンで親が一方的に食べさせてあげていると、赤ちゃんはお腹いっぱいでもスプーンが目の前にきたらついつい口を開けてしまうんだそうです。
それが結果的に食べ過ぎにつながってしまうんですね。

BLWであれば、自分のペース・自分に適した量で赤ちゃんが食べることができるようになります。

BLW最大の目的!「食べる楽しみを知ってもらう」

BLWの最大の目的は食べる楽しみを赤ちゃんに知ってもらうことです。

楽しい=自発性

につながるということです。

初めて見るものを触って、食べてみて・・
赤ちゃんにとってはとっても楽しいことなんですよね。

ただ、この方法の最大問題は、赤ちゃんが上手に食べられるようになるまでは手も顔も机も床も、親にとっては悲惨な状態になるということですよね。
後片付けはかなり大変だと思います。
そのせいなのか、SNSではよく裸にお食事エプロンをしてBLWをやっている投稿を見ます(笑)

「顔中食べ物だらけ。」なんて姿も見てて可愛いんですけどね。

少しでも食後の片付けを楽にするには、大きめのトレーを使用したり、床にシートを敷いたりと工夫した方が良さそうです。

赤ちゃんが自力では持ち上げることができない、テーブルにくっつく食器なども役立ちそうですね。

まとめ

我が家はこの方法を知った時にはすでに日本式の離乳食を進めてしまっていたので実践していませんが、1歳を過ぎた現在も息子の丸飲みには悩まされているので、もしこの方法でやっていれば変わっていたかもしれないなと思います。
いつかはつかみ食べをさせるのであれば、始めからBLWの離乳食法で進めてしまうのもいいと思います。

ABOUT ME
HANABI
もともとおもちゃや絵本をあれこれ買うのが好きだったが、1年間に及ぶ息子の登園拒否をきっかけに、さらに知育に興味を持つ。
無料資料請求でファミリアのバスタオルがもらえる!

今なら無料資料請求でファミリアのバスタオルもらえるよ!



【タオルのもらい方】
①上記画像をクリック
②右上にある三本線からメニューを開く
③「キャンペーン」という項目を開く