夫婦のこと

産後のイライラ!夫に当たってしまうあなたに経験したから言えること。

産後イライラ

産後にイライラして、旦那さんに当たってしまうという人は多いですよね。
思い通りにいかない子育てのイライラの矛先はなぜか夫にいってしまいがち・・
夫の悪いところにばかり目が行ってしまい、出産前は気にもしていなかったことをグチグチと言うようになっていませんか?(笑)
そんな私も産後、旦那にイライラしてしまう一人でした。
そして、当時を振り返って今だから思うこと、当時の私に言ってあげたいことを記事にしました。

産後、夫にイライラしてしまうあなたへ

産後のイライラは誰にでもある

産後はとにかく思い通りにいかないことが多いものですよね。
泣き止まない赤ちゃんをあやし続けたり、夜中も頻繁に起きて授乳やミルクをあげたり、様々なトラブルに直面します。

産後はホルモンバランスが崩れているのでイライラしやすい上に、睡眠不足なんです。
睡眠は人間の三大欲求のひとつと言われるくらい、人にとって大切なことですよね。
睡眠が不足すると、ストレスを受けやすくネガティブになりやすいという研究結果もでているんですよ。

人間の本質上、仕方のないことだと割り切る勇気も必要です。

産後クライシスは世界中の女性が経験している

産後に旦那さんへの愛情が低下してしまうことを「産後クライシス」と言いますが、この言葉が作られるもっと昔から、そして世界中の女性がこの状況を経験しているんです。

「産後、旦那のことが嫌いになった。」
「産後、旦那のことが気持ち悪くなった。」
「産後、旦那に身体に触れて欲しくない。」

これ全部、特別おかしな感情ではありません!

産後女性は体力面も精神面もどんどん削られていきます。
それでも目の前にいる赤ちゃんは可愛い存在。
そんな赤ちゃんを責める気なんておきませんよね。

そうなれば、赤ちゃん以外に身近な存在の旦那に当たるほかないのです。

大丈夫!「あなただけではない」ということ、まずは安心してください!

あなただけでもなければ、日本人だけでもなく、世界中の女性が経験していることなんです。

夫は急に父親になれない

そもそも男性は、急には父親になれません。

女性はお腹の中に赤ちゃんが宿った瞬間から母性が芽生えますが、男性は実際に赤ちゃんが生まれるまで父親になったという自覚が生まれないものです。
むしろ、赤ちゃんが生まれても実感できない男性も多いようです!

このことからも、女性と男性では親としてのスタートラインに差があるんです。
赤ちゃんがお腹の中にいる10ヶ月分、女性は男性よりも早く親になっているということです。

なので夫は、子供が1歳の誕生日を迎える頃にやっと、今のあなたと同じくらいの親としての自覚が生まれると思ってみてください。
今目の前にいる夫は、妊娠がわかった頃の自分と同じレベルなんです。

実際に私の夫も、子供が1歳を過ぎたあたりから親らしくなってきた気がします。
子供が成長して関わり方が変わってきたというのも大きな要因ではありますが、この頃「やっと父親らしくなってきたな」と感じたのは「やっと父親としての自覚が生まれてきた」からだと思います。

夫は何もしてくれていないわけではない

産後イライラ

「旦那が子育てに積極的になってくれない。」
「私は子育てで大変なのに、何も手伝ってくれない。」
そんな風についつい愚痴りたくなってしまいますよね。
(我が家なんて、夫は育児に協力的で色々やってくれているにもかかわらず、私は不満タラタラでした・・)

母親は子供が生まれると、しばらくの間は本当に子供を中心に全てのことが回るようになってしまいます。

寝れない。
自分のことをする時間がない。
お風呂にゆっくり入れない。
トイレにゆっくり入れない。

授乳中であれば制限しなければいけないこともあります。
とにかく自分のことは全て後回しなんですよね。

子供が生まれる前と後では生活がガラッと変わってしまいます。

それなのに、旦那ときたら・・
好きな時間に寝れるし、好きなことしていられる・・

「なんで私だけが頑張らなきゃいけないの!?」
と思ってしまいがちです。

でも、よく考えてみてください。

旦那さん、働いてくれていますよね。
旦那さんが働いているのは、あなたと子供のためなんです。

このことに収入の多い少ないは関係ありません。
働いてくれているということに感謝する気持ちを持ってみてください。

とはいっても、私も感謝できるようになるまで時間がかかりました・・
産後はほんと酷いもので、仕事に行く夫に心の中で「仕事に行けば自由だからいいよね。私より楽だよね?」くらいの気持ちがありました。

今となっては、最悪の妻だなぁなんて思いますが、当時はそんな風にも思えなかったです。

そんな私が夫に感謝できるようになったのは、とにかく無理やりでも感謝の気持ちを持って感謝の気持ちを言葉に出してみるということでした。
とにかく感謝してみることで、イライラしていた気持ちが少し和らいでいき、本当に感謝の気持ちが出てきたんです。

少しだけ気持ちが落ち着くと、色々と考えられるようにもなります。
一生懸命仕事をして、疲れた気持ちや身体を癒せる場所って、旦那さんにとっては家しかないんだってことに気がついたのもこの頃でした。

夫が、疲れた心や身体を家以外で癒すようになれば、それは浮気ですよね。

家は、夫にとって唯一の癒しの場所のはずなのに、帰って妻に文句や愚痴を言われれば、どんどんヤル気をなくしてしまいます!
じつは妻が夫に何もしたくなくなる状況を作ってしまっている可能性も充分ありますよ!

家事育児を手伝ってくれない。という事の前に、
働いてくれていることに感謝してみてください。

夫もどうしたらいいかわからない

再度言いますが、女性は妊娠中から母性が芽生え、子供が生まれるとその母性は一気に加速します。
女の人にとってそれは普通のことですが、夫側からすれば可愛いかった妻が急に母親になってしまって少なからず戸惑うようです。

それに加えて妻の産後のイライラです。

恋人時代は彼女の機嫌を直すのにそこまで苦労しなかった男性でも、産後の女性の扱い方は難しいみたいですね。

そしてたいていの男性は、生まれたばかりの赤ちゃんの前では無力です。
何をすればいいかわからないし、何かをしてみてもうまくいかないことがほとんどなんです。

妻はイライラ、赤ちゃんに対しては無力。
そんな状況で、夫自身どうしたらいいのかわからなくなっていることも多いです。

合理的なタイプの旦那さんであればここで、「自分にできることは仕事を頑張ること。」という発想になって益々仕事に打ち込むという人もいると思います。

夫に対して「もっと積極的に色々やって欲しい!」と思うこともあるかもしれませんが、夫にも戸惑いや多少のストレスがあるんだと、ちょっと大目に見てあげてください。

さいごに

私の経験からのお話だったので、自分とはちょっと違うと思われた方もいるかもしれませんが、産後のイライラを経験しているママさんはたくさんいるということだけは変わりません。

そして大なり小なり、旦那さんに申し訳ないという気持ちもあるのではないでしょうか。
最後にこんなことを言うのもですが、産後のイライラを解決するには時間の経過が一番です。
おそらくすぐにイライラを消せる方法なんてないと思います。

なので、この記事で少しでも「仕方ないか・・!」という気持ちを持っていただけたら嬉しいです。

 

ABOUT ME
hanana2525
1歳児の息子の子育てに日々奮闘しているHANABIです。家にこもるのが苦手な自由人でした。それでも産後は子供中心に、楽しみを見つけながら生活してます。たこ焼きを持っている息子はタコ太です。
Amazonファミリーはオムツがいつでも15%オフ!!

毎日使うオムツ、ドラックストアで購入していませんか?
オムツを買うならAmazonファミリーが一番お得ですよ(*^^)v

しかも、オムツが安い以外にも特権がたくさんあります!!

  • 配送料・お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • 映画やドラマ、キッズアニメなどが見放題
  • 100万曲以上の音楽が聴き放題
  • 写真が無制限に保存できる

Amazonファミリーは無料体験ができるので、
まだドラックストアでオムツを購入しているという方!!
ぜひチェックしてみてください♪

Amazonファミリー無料体験をしてみる