子育て

離乳食・幼児食の楽助かりメニュー「食パン」は子供にとって安全??どこのパンを選べばいいの??

パン
パン

子供の離乳食やご飯のメニューを考えるのって大変ですよね。

特に朝食は簡単に済ませたいという思いもあって、食パンに頼りがち。
食パンは食べられるものが限られている離乳食初期にも食べさせることができるので、常備しておくとなにかと助かりますよね。

でも、「パンは身体に悪い」なんてことも聞いたことありませんか?

欧米や米国ではここ数年「グルテンフリー」という言葉が日常で当たり前のように使われているようです。
日本でも「グルテンフリーダイエット」などが流行しましたよね。

そんな身体に悪い食品を赤ちゃんのうちから食べさせても大丈夫なの??
という疑問を持ったので、ちょっと調べてみました。


パンが身体に悪いと言われる理由

なんでパンが身体に悪いと言われているのでしょうか。

「グルテン」というものがダメなの??

・・・・

理由は「グルテン」だけではないようなのです。

パンの主材料である「小麦」に問題があるようなんです。

「小麦」に大量の農薬!ポストハーベストってどんなの!?

小麦

現在日本で出回っている小麦のほとんどは、海外からの輸入に頼っています。
その小麦って実は本来の小麦の姿ではないそうなんです。

海外では小麦を大量に輸出するために、1940年代から1960年代にかけて小麦の品種改良や遺伝子操作を行ったり、大量の農薬を使用して小麦の量産化を図ったそうなんです。

そして今現在流通している小麦ができあがったということなのですが、品種改良や遺伝子操作をしたことで農薬がないと育てられないような小麦になってしまったのです。

さらに、輸出する小麦に「カビが生えたら大変!」ということで、日本に輸入されてくる小麦には大量の防カビ剤が・・

他にも大量の農薬をふりかけられ、輸入されてきているのです。

この輸出時にまかれる農薬のことを「ポストハーベスト」と言うそうなんですが、
聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は輸入されてくる果物などにも使用されているんですよね。

ポストハーベストは、通常畑で使用される農薬の数十倍もの濃度なんだそうです!!

しかも小麦の場合は、製粉してから使用するそうなんです。。
丸裸状態に数十倍もの濃度の農薬がまかれているってことになるんです。

使用されている農薬のなかには、発ガン性のあるものや、日本では使用を禁止されているような農薬も混じっているんだとか。

「グルテン」が身体の不調を引き出している!?

次にグルテンはどうなんでしょう。
グルテンは、小麦に含まれているものです。
パンの弾力性はこのグルテンの作用によるものなんだそうです。

このグルテンは、現代人が抱える身体の様々な不調の原因のひとつであると言われています。

頭痛や疲れやすさ、集中力のなさや下痢や便秘、さらには太りやすさなども関係してくるそうです。

日本人の7~8割の人が、グルテンによってなにかしらの体調不調が生まれているらしいですよ!

実際に「グルテンフリー」をすると、身体が軽くなったり頭痛から解放されたりと、身体の変化を感じるんだそうです。

市販されているパンには、小麦やグルテン以外にもこんなものが入ってる!!

他にも食品添加物のイーストフードや臭素酸カリウム、トランス脂肪酸が含有されているマーガリンなど身体にとって害と言われているものが一般的に販売されているパンには含まれています。

臭素酸カリウムに至っては、発がん性があるとされていて食品への使用を禁止してる国が多いんです。
あの中国ですら禁止されているんだとか。。
日本ではパン以外の使用は禁止されているのですが、なぜかパンには使用していいことになっているんです。

子供に食べさせるパンの選び方

ここまでのことを見ると、小さな子供に小麦で作られたパンを食べさせることにちょっと抵抗がでてきますよね。
でも正直、パンをメニューから外すのは辛い・・

「パンは食べさせない!!」としたところで、きっと自分のストレスになってしまうと思ったので、
「少しでも安全なパンを子供に食べさせてあげよう!!」と思うようになりました。

国産小麦使用のパン

特になにも気にせずパンを購入すると、ほとんどが輸入された小麦粉を使用しているパンです。

なので、「国産小麦」を使っているパン屋さんを探しました。
最近は健康志向の人が増えているのもあってか、探すと近所にも案外数件ありましたよ!

※ちなみに、「国産小麦使用」とうたっていいのは国産小麦が半分以上含まれている場合。
なので「国産小麦使用」と書いてあっても100%とは限りません。

その数件あった近所のパン屋さんの食パンを順々に買って、私も子供と一緒に食べてみました。

国産小麦のパンは小麦の味がしっかりと感じられるものが多いですね!
しかも、国産小麦使用のパン屋さんの多くは、他にも添加物などの余計なものを入れていないという事が多いです。
しばらく余計なものが入っていないパンを食べていると、市販のパンを食べた時に違和感を感じました。

「なんか、不思議な味がする・・」

パン本来のものではない、なにか。
それを感じるようになりました。

ただ、国産小麦のパンにはデメリットがあります。
それは、弾力があるパンが多い!!ということです。

自分が食べるにはいいんですが、まだ歯の生え揃っていない赤ちゃんにはもうちょっと柔らかい方がいいなぁ・・という印象です。
「もっちり」としたものが多いんですよね。

これは国産米粉などで作られたパンを選ぶしかありませんよね。

ただし、米粉パンはさらにもっちり!
この場合のもっちり感は「米」からくるものですが・・

スーパーでパンを購入する場合は・・

気軽に購入できるスーパーで買いたい時もありますよね。
そんな場合は、pasco「超熟 国産小麦」です。

超熟 国産小麦

 

 

 

こちらはスーパーで売っているパンでは珍しく、国産小麦100%使用の食パンです。
イーストフード・乳化剤も使用していません。

pascoの食パンは基本イーストフード・乳化剤を使用していないので、「超熟 国産小麦」がない場合でもpascoの他のシリーズを買うようにしています。

一番避けたいのは、ヤ〇ザキ製パンのパンです。
中国でも使用禁止されているという臭素酸カリウムが入っているからです!

ヤ〇ザキ製パンの社長さんは自社のパンを絶対に食べないと言われるほどですからね。

私も食べないですし、子供にも食べさせないです。

まとめ

離乳食や幼児食になにかと便利な食パンは、「少しでも安全なもの」を選んであげたいですね。
一番は、「国産小麦使用」「添加物不使用」のパン屋さん。
スーパーで購入するなら「国産小麦使用」「イーストフード・乳化剤不使用」のpascoかな。と個人的には思います。

 

ABOUT ME
hanana2525
1歳児の息子の子育てに日々奮闘しているHANABIです。家にこもるのが苦手な自由人でした。それでも産後は子供中心に、楽しみを見つけながら生活してます。たこ焼きを持っている息子はタコ太です。
Amazonファミリーはオムツがいつでも15%オフ!!

毎日使うオムツ、ドラックストアで購入していませんか?
オムツを買うならAmazonファミリーが一番お得ですよ(*^^)v

しかも、オムツが安い以外にも特権がたくさんあります!!

  • 配送料・お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • 映画やドラマ、キッズアニメなどが見放題
  • 100万曲以上の音楽が聴き放題
  • 写真が無制限に保存できる

Amazonファミリーは無料体験ができるので、
まだドラックストアでオムツを購入しているという方!!
ぜひチェックしてみてください♪

Amazonファミリー無料体験をしてみる