イベント

お宮参りの時の服装はどんな服?親はカジュアルでもいいの?

お宮参り 服装

赤ちゃんが生まれて初の大きなイベントが「お宮参り」ですよね。
慣れない育児にバタバタとしている時期に、このイベントはやってきます。

じつは私は、子供が生まれてからお宮参りというイベントがあるのを知りました。
そんなわけで、お宮参りについて色々と調べたり、実際に神社の予約や写真館の予約をしたのも子供が生まれてからです。

時間がない中、最後まで悩んだのが服装についてでした。
特に、親の服装はどんなものを着ればいいのかわからず、最終的には神社に問い合わせをして聞いたほどです。

この記事では、お宮参りでの服装についてまとめていきたいと思います。

お宮参りをやる時期

お宮参りは、一般的に男の子が生後31日、女の子が生後32日にするとされています。
最近ではこの日数にそこまでこだわりはなく、真夏や真冬は避けて気候の良くなる時期まで待ったり、子育てがちょっと落ち着く頃まで待つご家庭も多いようです。

生後1ヶ月というと、まだまだ長時間の外出は不安ですよね。
私は真冬の出産だったので、子供の体調を考えて、実際にお宮参りをしたのは生後2ヶ月になった頃でした。

お宮参りの時の赤ちゃんの服装と

お宮参りの時赤ちゃんには、一般的には「祝い着」と呼ばれるものを準備します。
祝い着というのは、お祝いの時に着る晴れ着のことです。

実際の晴れ着はこういったものです。

祝い着

この祝い着は、赤ちゃんに着せるのではなく羽織るように被せます。

一般的に祝い着は、母方の実家が準備するしきたりがありましたが、最近はレンタルや両親のおさがりを使用することも多いようです。
お宮参り当日に写真館での写真撮影を予定している方は、写真館で無料レンタルをしているところも多いのでチェックしてみるといいですよ。

そして、晴れ着の下にはベビードレスを着ます。

フリフリやフワフワの可愛いものからシンプルなものがあります。

この、ベビードレス+祝い着が一般的になっています。
ただし、普段着に祝い着だけ羽織らせるご家庭や、ベビードレスだけ着せるというご家庭も増えているのが最近の傾向のようです。

お宮参りの時の親の服装

お宮参りの時の赤ちゃんの服装は調べればだいたいのことはわかるのですが、悩むのが親の服装です。
特に母親は、ここまで1年近く妊婦期間があって、着ていたものといえばマタニティ服ですよね。
産後も買い物に行く余裕なんてなく、準備していないと焦る方も多いのではないではないではないでしょうか。

私も家にある服を漁ってみては、「これでいいのだろうか・・」と悩みわからずネットで検索してみたりしました。
そして気がついたのが、カジュアルな服装の方が意外にも多いということです。

私が見た中には普段着に近い方や、それこそジーパンの方もいらっしゃいました。
「カジュアルでもいいんだ!」と思ったものの、心配性な私は神社に直接聞いてみることにしたんです。

お宮参り時の服装、神社に直接聞いてみた返答

私は神社に御祈祷をお願いしていたので、その神社に親の服装について聞いてみました。
そして、その返答は「正装を心がけてください。」というものでした。

これは御祈祷をするかしないかでも変わってくるかと思いますが、やはり神社やお寺は神聖な場所。
まして社殿に上がるのですから、やはりそれなりの正装が常識になるということですよね。

よく考えればわかるようなことだったのですが、ネット上にあまりのもカジュアルな服装のお宮参り写真が多くあったので、惑わされてしまいました。
おそらくカジュアルな服装の方達は、御祈祷を予定していなかった方が多いのではないかと思います。

もちろん、地域や神社によるところもあると思いますが、正装で行った方が間違いはないと思います。
厳密に、この服装でなければいけないというものはありませんが、無難な服装をおすすめします。

実際にお宮参りした時の父親の服装

では、実際にお宮参りの際に父親はどんな服装で行ったかというと・・

父親は、スーツです。

男性はスーツが一番です。
私の旦那は、普段仕事でスーツを着る機会がないので、スーツを持っていませんでした。
でも、お宮参りを機に購入しましたよ!

子供が生まれれば何かとイベントでスーツを着る機会も増えるでしょうし、思いがけない出費にはなりましたが、スーツ一式揃えました。
他にスーツを持っていないので黒のスーツにしましたが、スーツであればグレーやネイビー、ストライプ柄でも問題ないと思います。

同日にお宮参りで御祈祷していたご家族のお父さんも、やはりスーツを着用していました。

実際にお宮参りした時の母親の服装

では、母親の私の服装はというと・・
ワンピースにジャケットでした。

女性は、ワンピースやスーツ、着物が正装にあたります。

そして気を付けた方がいいのが、ジャケットかジャケットに近い羽織を用意しておくということです。
場所によっては羽織がないと駄目な場所もあります。

ジャケットでなくても、カーディガン程度は用意しておいた方がいいと思います。

実際に、ジャケットを羽織っていなくて神社やお寺から指摘を受けたことがある方もいるようです。
何も言われないとしても、いい印象を持たない神主さんもいるみたいですよ。

お宮参りの時の親族の服装

では、祖父母の服装はどうでしょうか。
これは、御祈祷をするのであれば、基本的には同じです。

神社やお寺に失礼のない服装で行くのがやはりマナーになってきます。

特に、一般的にはお宮参りの際に赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母です。
大役があるので、祖母とはあらかじめ服装について話をしておいた方が無難かと思います。

まとめ:御祈祷をする場合は正装が無難。参拝だけならカジュアルでも。

お宮参りで、御祈祷を予定している場合は、正装を意識して服装を決めるのが無難です。
参拝だけを予定していれば、カジュアルでも問題ないと思います。

正装には厳密な決まりはないので、あまり堅く考えすぎる必要もありませんが、神社やお寺に失礼のないような服装をこころがけましょう。
神主さんにも、気持ちよく御祈祷を進めていただけると思いますよ。

また、不安であれば、御祈祷を予定している神社やお寺に私のように直接問い合わせてみるのも手だと思います。

ABOUT ME
hanana2525
1歳児の息子の子育てに日々奮闘しているHANABIです。家にこもるのが苦手な自由人でした。それでも産後は子供中心に、楽しみを見つけながら生活してます。たこ焼きを持っている息子はタコ太です。
Amazonファミリーはオムツがいつでも15%オフ!!

毎日使うオムツ、ドラックストアで購入していませんか?
オムツを買うならAmazonファミリーが一番お得ですよ(*^^)v

しかも、オムツが安い以外にも特権がたくさんあります!!

  • 配送料・お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • 映画やドラマ、キッズアニメなどが見放題
  • 100万曲以上の音楽が聴き放題
  • 写真が無制限に保存できる

Amazonファミリーは無料体験ができるので、
まだドラックストアでオムツを購入しているという方!!
ぜひチェックしてみてください♪

Amazonファミリー無料体験をしてみる