夫婦のこと

夫の中途半端なイクメンぶりが妻を悩ませ怒らせている

夫がイクメン

「夫がイクメンで困っている」

HANABI
そんな贅沢な悩みあるんですね。

でもこの悩み、意外と多いみたいで驚きです。
むしろ深刻化しつつあるようです。

旦那さんが育児に積極的だと良いことばかりのようですが、一体なにに悩まされ怒りを感じているのでしょうか。

夫がイクメンという悩みの原因

育児方針で意見が対立する

イクメン

ひと昔前は、男は仕事・女は家庭といった価値観が当たり前でしたよね。

平日は夜遅くまで仕事や仕事の付き合いをし、休日も接待ゴルフ。
子供と顔を合わせるのは朝のほんのちょっとの時間だけで、子供のことに関しては奥さんに丸投げ状態。
そんな家庭は当時当たり前で、一人で家事と育児を孤独にこなすママさんは本当に多かったのだろうと思います。

それが原因で喧嘩になったり離婚に行き着いてしまった夫婦もいるはずです。

でも、これは捉え方によっては「家事と育児を全て任されていた」ってことなんですよね。
自分の思うように・やりたいように家事も育児もできていたはずです。

それが、旦那さんが育児に参加してくることによって旦那さんの意見ももちろん出てきます。
そこでお互いの考えが合致すれば問題ないのですが、そこは夫婦といえどやっぱり他人・・

合致しないことも多いんですよね。

夫婦で育児方針が違うことはよくあることですが、旦那さんの育児参加が積極的であればあるほど意見が対立する機会は増えてしまいます。

今までやってきた育児方針が台無しになりがち

イクメン

ママさんが日々せっせと積み立ててきた育児をパパさんが台無しに!

やったらダメと教えていたことをやらせてしまったり・・
まだ食べさせないようにしていたものを食べさせてしまったり・・

こういうのは一度やってしまうと子供は「いいんだ!」と思ってしまうものなので困りますよね。

HANABI
泣かれながらも我慢させていることもあるので、それを台無しにされたらショックですよね。

知らなかったとはいえ、これをやられてしまうとため息が出てしまうかもしれないですね。

夫・妻どちらか一方にこだわりがある

イクメン

自分のことにはそこまでこだわりがない人でも、子供のこととなるとこだわりがでてきたりしますよね。

妻側にこだわりがある場合は、夫のやり方を見て「そうじゃない!違う・・」と思ってしまいますし、夫側にこだわりがある場合もけっこう厄介です。

ママさんのやり方を見て「あーだこーだ」と口出しをし、自分の育児のこだわりを押し付けてくる旦那さんがけっこういるみたいです。

もちろん、理由があってこだわりがあるのであれば、悪いことではないですよね。

ただ、普段メインで育児をしているのは妻という場合は、たまに育児に参加してきた夫に口出しされると「ムカッ」としてしまう気持ちもありますよね。

日常的に育児をしているなかで、こだわれる部分とこだわれない部分はどうしても出てきます。
それを理解せずに口出しされてしまうと妻の怒りを買うわけです。

子供をみててくれるというからお願いしたけど・・

子守

これは先日の我が家です。

ふと急に「子供は見てるからしばらく横になって休んだら?」なんて言ってくれたんです。
寝不足気味だったので喜んで寝室で横にならせてもらっていました。

ところがしばらくは子供がパパと遊んではしゃいでいる声が響いてきていたのですが、だんだんと静かになってきました。

「静かになったな・・」と思っていたら子供が寝室の私のところにやってきて、私の周りをウロチョロとし始めたんです。
そしてまた遊んでいた部屋に戻っていったはいいけれど、やっぱり静か・・

気になって眠れなかった私がちょっと様子を見に行くと、なんと主人は寝っ転がってスマホをいじっていました!

HANABI
正直かなりガッカリしました・・

「スマホを見て子供を放置するくらいなら、みててもらいたくない。」
そう思いました。

同様に、子供をみててもらうようにお願いしたらずっとテレビを観ていたり、スマホの動画を観ていたり・・
妻側からしたら「それはちょっと違う!」という子守をする夫は多いようです。

やることが中途半端

「お風呂に入れてくれたはいいけれど、洋服は着せない。」
「子供におやつのホットケーキを作ってくれたけど、片付けはしない。」
「子供と公園で遊んでくれたけど泥まみれのまま家の中に入ってきて、脱がせてもくれない。」

やってくれてはいるんだけれど・・・
最後までやってくれないと正直あまり意味がないんですよね。

むしろ仕事が増える場合もあります。
そうなると、感謝するどころかイラついてしまうママさんも多いようです。

夫がイクメンで嫌気がさしているママさんへ

夫が育児に無関心になったところを想像してみる

旦那さんが育児に無関心になって、まったく育児に参加してくれなくなった時のことを想像してみるのはどうでしょうか?

「自分のやり方を通せて楽だわ!」
「まったく何もしてもらえないと困るかも・・」

どう思いました?

やっぱり何もしてもらえないのは困りますよね。

少しでもなにかをしようとしてくれているその気持ちに感謝するようになると、中途半端に終わっていても「ここまではやってくれたんだ。」という思いになれると思います。

全くやろうとする気持ちがない旦那さんも世の中にはいっぱいいます!
そういう旦那さんの奥さんからしたら「なんて贅沢なことを言っているんだ!」と、羨ましがられるのは間違いないですからね。

「やろうとしてくれている気持ち」に感謝しましょう!!

そもそも父親なので育児に参加するのが普通

イクメン

旦那さんが育児に参加することを「イクメン」という言葉を使って表現していますが、そもそも子供の父親なので子育てに積極的に取り組むのが普通・当たり前なのではないでしょうか。

もちろん、育児だけでなく家事も同じです。
みんなが生活している場所なのだから誰かに任せっきりというのもおかしな話です。

それに、子供にとってもパパさんとの触れ合いはとても大切だと思います。
パパさんが家事をしている姿もどんどん見せていくべきです。

ひと昔前のように、「男は台所に立ち入らない」なんて姿を見せて育ててしまったら、これからの時代その子は生きずらいかもしれません。

HANABI
ちょっと大袈裟ですが、そのくらい時代は変わってきているということが言いたいのです。

最近では、イクメンと呼ばれることを嫌がる旦那さんもかなり増えているように感じます。
これからはさらに、夫婦で子育てに向き合う時代になっていくのだろうと思います。

ABOUT ME
hanana2525
1歳児の息子の子育てに日々奮闘しているHANABIです。家にこもるのが苦手な自由人でした。それでも産後は子供中心に、楽しみを見つけながら生活してます。たこ焼きを持っている息子はタコ太です。
Amazonファミリーはオムツがいつでも15%オフ!!

毎日使うオムツ、ドラックストアで購入していませんか?
オムツを買うならAmazonファミリーが一番お得ですよ(*^^)v

しかも、オムツが安い以外にも特権がたくさんあります!!

  • 配送料・お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • 映画やドラマ、キッズアニメなどが見放題
  • 100万曲以上の音楽が聴き放題
  • 写真が無制限に保存できる

Amazonファミリーは無料体験ができるので、
まだドラックストアでオムツを購入しているという方!!
ぜひチェックしてみてください♪

Amazonファミリー無料体験をしてみる