子育て

ノンタンの作者が変わっている!?人気絵本ノンタンの裏側

ノンタン 絵本

こんばんは!1歳の息子を子育て中のHANABIです。

最近ふと気がついたんです。
私も小さいころ大好きでよく読んでいたノンタンの作者が、大友康匠/幸子の共作からキヨノサチコに変わっているといるということにです!
なんとなく気になったので調べてみました!

ノンタンってどんな絵本?

ノンタンの絵を見れば、たいていの人が「あ~知ってる!読んだことある!」となりそうなくらいノンタンは今も昔も大人気ですよね。

そんなノンタンは、1976年『ノンタンぶらんこのせて』でデビューしました。
直線ではなく、うにょうにょっとした絵のタッチが特徴ですね。
そして、ちょっといたずらっこなノンタンは子どもたちに親近感を沸かせるんでしょうね。
ノンタンは、たちまち大人気になりました!!

「ノンタンあそぼうよ」シリーズ全22巻
「ノンタンボードブック」シリーズ全3巻
「赤ちゃん版ノンタン」シリーズ全9巻
『ノンタン・タータンあそび図鑑』

シリーズの数の多さが人気を表していますよね。

デビュー作の『ノンタンぶらんこのせて』は現時点で243万冊も売れているとか!!

ちなみに243万冊とはどのくらいかというと・・
あの人気作家、村上春樹の代表作「ノルウェイの森」の単行本の販売数と同じくらいです!
余計わかりづらかったらごめんなさい・・

ノンタン作者の移り変わり

1976年8月に刊行された『ノンタンぶらんこのせて - ノンタンあそぼうよ (1)』~1982年9月刊行の『ノンタンボールまてまてまて - ノンタンあそぼうよ (10)』までの作者は「おおともやすおみ」のみでした。

それが「おおともやすおみ」と「おおともさちこ」の連名となり、現在の作品に関しては作者は「キヨノサチコ」のみとなっているんです。
ネットでもノンタンの絵本を検索してみましたが、商品タイトルもキヨノサチコになっています!

現在出版社から入手することのできる作品のほとんどは「作・絵:キヨノサチコ」と表記されているので、ストーリーもイラストも全てキヨノサチコ単独での作品という扱いになっているんですね。

いったい、人気絵本ノンタンの作者になにがあったのでしょうか・・

離婚と泥沼裁判

ノンタンの原案は大友康匠さんであることは間違いないようです。
そこから、元々大友康匠さんのアシスタントをしていた清野幸子さんと結婚し、夫婦共作という形をとっていったようですね。

おしどり夫婦として知られていた二人のようですが、おしどり夫婦と言われている夫婦に限って離婚してしまうのは今も昔も変わらないんですね。

二人は離婚してしまいます。

そして、離婚後に著作権の認識の違いから『ノンタン絵本裁判』へと発展してしまったのです。
裁判自体は係争中に夫であった大友康匠さんが逝去されたこともあってか、妻であった清野幸子さんが勝利しました。

そこからノンタンは清野幸子さん単独の作品となったということですね。

離婚を匂わせていた作品があるらしい

おしどり夫婦の離婚、そして裁判。
けっこうショッキングな話ですが、そもそもこの二人の離婚を匂わしていたある作品があるんです。

それが離婚の3年前に書かれたという「二人でノンタン」です

プレミアがついているんでしょうか??
楽天の金額にちょっとびっくりです。。

これには夫婦で共作としてやっている時の二人の対立を面白おかしく・・
離婚した後となってはとても笑えないようなレベルでの二人のやり取りが描かれているんです。

冒頭からすでに2人の関係性の危うさを感じられます。

冒頭

「二人が一緒に(ノンタンの)絵本をつくるのだから、さぞかし仲睦まじく笑顔で愉しく絵を書いていると思われるでしょう。ところがそれは大間違い!血で血を洗う戦いの結果、ホンワカと無邪気なノンタンの世界が出来上がるのです。」

作中でも二人の戦いのやり取りがリアルに描かれていますが、当時はもちろん『それでも仲良し』ということをアピールしたかったのだと思います。
とはいえノンタンの共作にあたって、二人の間にはなにかしらの亀裂が生じていたのだろうと思わざるおえないような内容になっているのは確かです。

離婚へのカウントダウンはこの時から始まっていたのかもしれませんね。

ノンタン真の作者は?

裁判では清野幸子さんの勝利で決着がつきましたが、ノンタンの絵本ファンのなかでは真の作者は大友康匠さんだと思っているところが大きいようです。

夫婦共作時代の作品と、「キヨノサチコ」単独での作品となった2000年以降の作品とではイラストやストーリーに読者でも感じ取れてしまう違いがでているんですよね。
私も絵のタッチがなんだか少し違うようには感じていました。

「おおともやすおみ」単独から夫婦連名となり「キヨノサチコ」単独へとなった流れからも、清野幸子さんが批判されてしまうのは仕方のないことのようにも感じます。
大友さんが作り上げた作品を奪い取った感が否めないですよね・・

清野幸子さんは裁判後しばらくしてアメリカに渡っていますが、その背景には日本にいては肩身が狭かった部分もあるんじゃないでしょうか。

2008年に脳腫瘍のため60歳という若さで逝去されましたが、「私がいなくなってもノンタンは元気に生き続けるから」と死の公表を控えるよう希望したそうです。

まとめ

ノンタンの作者が変わった経緯にはこんな裏事情があったんですね。
今でも児童館や図書館、病院の絵本棚に並んでいるのをよく見かけますが、このことを知ってしまうと少し複雑な気持ちで見てしまいそうです。

とはいえ、ノンタンはノンタン。
親から子へと読み聞かせてあげたい絵本のひとつには変わりありません。
どんな経緯があったとしても、「ノンタン」という名作はこの先も子どもたちに愛され続けて欲しいです。

ABOUT ME
hanana2525
1歳児の息子の子育てに日々奮闘しているHANABIです。家にこもるのが苦手な自由人でした。それでも産後は子供中心に、楽しみを見つけながら生活してます。たこ焼きを持っている息子はタコ太です。
Amazonファミリーはオムツがいつでも15%オフ!!

毎日使うオムツ、ドラックストアで購入していませんか?
オムツを買うならAmazonファミリーが一番お得ですよ(*^^)v

しかも、オムツが安い以外にも特権がたくさんあります!!

  • 配送料・お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • 映画やドラマ、キッズアニメなどが見放題
  • 100万曲以上の音楽が聴き放題
  • 写真が無制限に保存できる

Amazonファミリーは無料体験ができるので、
まだドラックストアでオムツを購入しているという方!!
ぜひチェックしてみてください♪

Amazonファミリー無料体験をしてみる